入会案内


1.レッスンについて 月2回、各50分のマンツーマンレッスンです。
(小さなお子様、親子、兄弟での受講など、必要、ご希望に応じて、
違う形でのレッスンも致します。) 月謝は、6000円。(月1回の場合4000円となります。)
毎月最初のレッスン時に、お支払いいただきます。
入会金、教材費等は必要ありません。 楽器はご持参下さい。
(アンプ、ケーブル、チューナーなどは貸出致します。) 2.レッスン日程について ご予約は、前月末から当月始めにお互いに連絡を取り、決定します。
基本的に、平日は19時~21時までの2コマ。
土日は日に依りますが、ほぼ終日OKです。 その他、平日の10時から14時までも、日に依ってレッスン可能です。
(詳しくはお問い合わせ下さい。) その月のレッスンをお休み、又は月1回としたい場合は、前月までにお知らせ下さい。
当月連絡の場合、通常通り2回分の月謝を頂きます。
月謝は必ず当月内にお支払い下さい。 レッスン日のお休み、変更は、前週の金曜日までにお知らせ下さい。
同じ月のご都合の良い日に振り替えます。
それ以降の連絡の場合、キャンセル扱い(料金が発生します)とさせて頂きます。 次の月への振替は致しません。
当月に振替が出来ない場合、キャンセル扱い(料金が発生します)とさせて頂きます。 また、振替日の振替も致しません。
振替は1回とさせて頂きます。 講師都合による変更に関しては、期限無く振替させて頂きます。
振替不可能の場合、返金もしくは次回レッスン料にて調整します。 退会する場合、必ず前月までにお知らせ下さい。
当月連絡、無断退会の場合、料金が発生します。




レッスン内容


For Acoustic Guitar いわゆる「フォークギター」で使われるコード・ストローク、
アルペジオといった基礎テクニックから、
ボサノバなどに見られるテンション・コードを使ったコンテンポラリーな奏法など
アコースティックギターの魅力を余すところ無く楽しみましょう! For Electric Guitar
ロック、ブルースの基本であるペンタトニック・スケールによるソロ・ワークから、
他のスケール、モード奏法、コード・トーンの効果的な応用など、
ワンランク上のソロ・ワークを指導します! また、R&B、Soul、Funk等のカッティングなど、
バッキングのバリエーション、コードワークに興味ある方も。 For Jazz Guitar
ジャズ・スタンダードを題材に、コード進行、スケール、テンション・ノートといった
ジャズに必要な音楽理論(ごく簡単な)や独特なコード・ワークを学びながら、
自由自在なインプロヴィゼーション(アドリブ)を目指します。
・・・と難しいことをつらつら書きましたが、
言葉にすると上の説明の様になりますが、そんなにヤヤコシイもんでもありません! 上記にあるような理論、テクニックはみなさんがよく耳にするポップスはもちろん、
童謡、演歌にだって何となく使われてたりします。 故に、あらゆる音楽に応用出来るんですが、あまり意識せず自然に身に付くというか、
慣れ親しむというのが理想だと思います。




レッスンの進め方


全くの初心者の方とある程度弾ける方ではもちろん違ってきますが、 ローポジションでドレミが把握出来て、
簡単なコードが幾つかきれいに鳴らせるようになれば、
あとは曲をどんどんやっていきます。 希望の曲とレベルがあまりに違う場合やその曲を演るために(急がば回れ的に)
他の曲を提案することもあります。 いくつか候補を挙げて貰って、そこから順序良く選んでやるという事が多いでしょうか。 ある曲を練習して、そこに出てくるコードや弾き方に問題無ければ、
次は、まったく違うコードやテクニックが出てくる曲をやりますし、
もう少し練習が必要な感じであれば、比較的似てる曲を選んだり。 その案配も生徒さんそれぞれですね。 ひとつひとつ階段を登りたい人、一段飛ばしで行きたい人・・・。
物事の取り組み方はさまざまですもんね。 あくまで、レッスンの進め方ですよ。
練習の話ではありません。 やはり地道な練習は要りますね。
コツコツと。 楽器は反復練習しか上達の道は無いと思います。 レッスンに来るだけで、弾けるようにはなりません。




体験レッスンについて


最初の問い合わせで必ず聞かれるんですが、
体験レッスンというのはやってないのです。
というのは、 何か教科書的なものがある訳ではないのです。
まずはじめにこれっていうのも決めてません。
だから出来ないんです。 各生徒さんのやりたい事、覚えたいテクニック、その進め方等は
その人その人に合わせて考えます。 言わばオーダーメイドですね。 もちろん、まずこれをやって、こういう流れで、みたいな個人的な意見はありますが、
完全にそれに沿ってやる必要はないですから。 ただ、順序として必要な時は提案します。
これとこれを練習しないとその曲は弾けないですよって。 とにかく、是非一度いらしゃって、いろいろお話を聞かせて下さい。 その上で、それならこんなレッスン内容、進め方になりますよ的な説明をしますので、
ご検討頂ければと思います。




小さいお子様のレッスンについて


実は、小学生の生徒さんは結構いらっしゃいます。
問い合わせも多いです。
まったく想定してなかったんですが、意外に流行ってるようですね。 ただ、いろいろとハードルがあるんです。 まず何よりも、
あまり知られてないようですが、ギターって最初痛いんです。
左手の指が。 練習すれば、すぐ硬くなって何てこと無くなるんですが、
痛いから練習しない→いつまでも痛いという悪循環に陥る可能性も・・・。 痛みに耐えてまで弾きたいというモチベーションがほんとにあるのかが
問題になってきます。 少しでも面白さを体感すれば大丈夫なんでしょうけど、
ギターって最初がなかなか難しい。
面白みを感じるまでが結構遠い。(苦笑) 触ってすぐ音が出る楽器ではないですからね。 ちょっと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、みんな苦労してます。 ギターの種類に依っても違ってきますので、購入前なら是非ご相談下さい。
クラシックギターやエレキギターは比較的楽です。 そして、ギターのサイズですね。
いわゆる子供用という小さいサイズのもありますが、
いずれ買い替えるとなると迷いますよね。 個人的には、低学年のお子さんは子供用がいいと思います。 品質的には、あまりに安いものは飾りというかおもちゃというか、
そんなレベルのも有りますから、ある程度しっかりしたものを。
ちゃんと音程が合えば問題ないです。 あと、レッスンの時間ですが、50分は長いですから半分にする場合もあります。
その場合、月謝も半分です。
もちろん、50分でも構いません。 臨機応変に対応致します。 あれこれ書きましたが、 親御さんにとってはそもそも続くのかなというのも大きな問題ですよね。 他のお子さんの例なども参考になると思いますので、
興味がお有りでしたら是非一度いらして下さい。




ギターについて


ギターの貸出はしてますか?
とよく問い合わせを頂きます。
残念ですが、貸し出し用のギターは無いのです。 持参して頂くことになります。 あまりピンと来ないかもしれませんが、
ギターは一本一本かなり個体差があるんです。
弾き心地と言いますか、弾き易さと言いますか・・・。 貸出用のギターがあったとして、
そのギターでは、家のギターで出来たことが出来ないとか、
結構な確率であり得ます。
もちろんその逆もあるでしょうね。 だから、自分のギターで練習しないとあまり意味が無いのです。
(特に初心者のうちは) あと、昔やってた時の古いギターとか、
何年も触っていない、家の何処かで眠ってたギターで受講される方も多いのですが、
これも問題のある場合が・・・。 ネックと言って、左手で握る細い部分ですね、そこが反ることがあるのです。 こうなると、状態によってはまともに弾けませんし、弾けたとしても弾きづらいです。
わざわざ弾きにくいギターで練習する意味も無いですよね。 その他にも経年劣化する箇所はたくさんあるんです。 それぞれ修理出来る場合と出来ない場合があります。 ギター未購入の方は、もちろん相談に乗ります。 各生徒さんのギターを見てますし、一応触らせて貰ってるので、
どのメーカーのどのくらいの予算だとこんな感じというのはお答えできます。




生徒さんについて


老若男女、様々な方がいらしゃってます。 いちいち年齢を聞くわけでは無いので、大体の感覚ですが、
小学校低学年から定年後の方まで。
各年代まんべんなく居ると思います。 課題にする曲はそれぞれの趣味に合わせますのでバラバラです。 新旧洋邦問わずです。 小中学生の子は、最近はボカロやアニメの主題歌が多いでしょうか。 そのちょい上は、髭男、Back number、あいみょん。 その上はスピッツ、サザン、
その上は、カーペンターズ、ビートルズ、ユーミンとかでしょうか。 ほんの一例です。
とてもじゃないですが、書ききれないです。 あまり同じ人のをずっとやる生徒さんは居ませんね。
選曲毎に違います。
最近多いのは、ソロギターですね。
(メロディとコードを一緒に弾く感じ) ひとつお断りしておきたいのですが、クラシックギターは指導できません。
ただ、クラシックの曲を弾きたいとか
弾き方を知りたいというのであれば対応できます。 クラシックの世界観の中で、この曲はこう弾くべきとかここはこういう表現でとか、
そういうのはその世界に居ないので残念ながらわかりません。 とりあえず何でも一度ご相談下さい。




その他の楽器


たまに問い合わせを頂くのですが、
ご希望であれば、ギターの他にウクレレ、ベースのレッスンも行います。
専門ではないので、教えられる範囲でということになります。 ウクレレのレッスンは、ほぼギターと同じような感じで、
弾きたい曲のコードを覚えていくところからでしょうか。 ベースに関しては、ドレミを覚えるのが最初ですかね。
最終的にはコードを意識して弾けるというのをテーマにしたいですが、
最初にタブ譜で始めてしまうとなかなか難しいようです。 もちろん、ギターレッスンと同じく、内容は相談して決めますので、
興味のある方は、是非ご相談下さい。





〒617-0824

​京都府長岡京市天神1丁目

Copyright © 2020 Hasegawa guitar school 

 All Rights Reserved.